スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトやキュウリの怖い話

真っ赤に熟れたトマトや、つややかなキュウリはサラダに生で使う代表的な野菜。

しかし、農薬が怖い。普通、農家のトマトキュウリは、虫に喰われたり形が少し変形すると農協の選果場ではじかれるので、週に一度は、殺虫剤や殺菌剤が散布される。

野菜の農薬には「浸透移行性」や「残効性」の高いものが多い。

浸透移行性とは、農薬が根・葉から植物の中に漫透し、その植物を食べた昆虫が死ぬようなタイフをいう。洗っても落ちない怖い農薬である。

残効性とは、効果が持続することをいう。なかなか消えてなくならないからこれも怖い農薬。

自然の中の露地物で、虫も喰わない野菜を人が食べて良いはずがない。

無添加 安全グルメ
安心 無添加グルメ
無添加 安全食材
おもしろいグルメ情報
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。